急募の求人には要注意

急募の求人には要注意を

求人に応募する前に下調べを

企業の求人で急募というときがありますが、この意味をどう考えますか?求職者側から見れば受かりやすい求人のように感じます。一般的には前任者が退職する場合、事業を拡大する場合などが主な理由になります。後者は問題ないでしょうが、前者はよく調べる必要があります。全ての会社がそうとは限りませんが、結構ぎりぎりで仕事が回っているということが考えられます。できれば職場見学などで確認したいところです。中には長期間または、高い頻度で何件も急募を出している会社もありますので、過去のことも調べて、考えることも求職活動としては重要です。

急募の意味を理解してから応募を

求人広告などに、急募と記載されている場合、文字のごとく急ぎの求人の意味となります。例えば、お祭りなどのイベント、エアコンなどの家電修理、クリスマスケーキ販売などの季節的なものがそれにあたります。他には、新業務立ち上げにあたる人材の確保、食品などの自主回収、リコールなどによるクレーム対応のための業務などがあります。このような募集の中には、長期契約が見込めないものも含まれていることを理解し応募しましょう。ただし、仕事ぶりによっては社員登用の可能性もあるため、興味のある業務であれば真剣に取り組む姿勢を企業側へ見せることが重要です。

↑PAGE TOP